10月の社会科学習会は巡検に出かけます

 昨日の学習会では,10月に行われる巡検の事前学習を行いました。巡検のテーマは「近郊農業~市川市の梨農家を中心として」です。


 市川市は,江戸川をはさんで江戸川区の東岸(地図)にあります。北にある松戸市には(東京都立)八柱霊園があり,東京との結びつきも強い地域であると言えます。その最寄り駅でもある北総線 松飛台駅(参照:地理院地図)が当日の集合・出発場所となります(集合は10:00)。


 さて,この地図を見ると,松飛台駅から南側に果樹園の地図記号が広がっています。このあたりが巡検地域となります(当日訪問予定の梨農園は「松本園」さんです)。事前学習では,果樹園記号の着色作業を通して,その広がりをつかみました。

 さらに,地図に色別標高図を重ねてみました。果樹園の広がるあたりは,標高25m前後の台地であることが分かります。この地域は,下総台地の西端にあたります。

(参考資料:玉川の汽水域 http://www.tamagawa-kisui.jp/contents.html

  同ページ内の 流域の地形と海岸線の変化 中段右にある図をご参照ください。)

今回の巡検では,梨農園の見学の後,北国分駅の南方にある堀之内貝塚も見学します。貝塚が見られるということで,かつては海岸線がこの近くまで迫っていたことが推測されます。

(参考資料:市川市ホームページ


 ところで,和梨の品種や,千葉県での和梨栽培がどのくらい盛んかはご存知でしょうか。次のページで確認しておきましょう。

 ちなみに「二十世紀」梨は,市川市の北側にある松戸市で発見されたのだそうですよ。松戸市の西側に,「二十世紀が丘」という地名があり,二十世紀梨発見を後世に伝えています。なお,この地図南西の江戸川には,江戸時代の庶民の渡し場である「矢切の渡し」があります。東京側まで渡ると,寅さんでもおなじみの柴又帝釈天はすぐそこです。今回の巡検では,帝釈天とその周辺も巡検する予定です。


 当日は,多くの方のご参加をお待ちしております。参加を希望される方は,こちらまでご連絡ください。


社会科学習会 ホームページ

東京都の中学校社会科(若手)教員の指導力アップを目的として,社会科の指導法や教材開発などの学習を進めている団体です。 毎月1回定例で学習会を開催し,毎年10月頃には巡検も実施しています。興味をお持ちの方はぜひご参加下さい!