社会科学習会とは?

 社会科学習会とは,会長の峯岸誠先生(前 玉川大学教授,元全国中学校社会科教育研究会会長),顧問の高山昌之先生(元全国中学校社会科教育研究会会長)のもと,中学校社会科の指導法や教材開発等についての研究を行っている任意団体です。東京都内で,基本的に月一回定例会を開き,特に若手教員を中心に勉強を進め,年に一回は巡検を行っています。

 平成23年度の全国中学校社会科教育研究会東京大会では、この会で勉強した仲間2名が授業者として研究授業を行いました。

 学習会への参加は随時受け付けています。社会科の力を付けたい若手の先生方、一緒に勉強しましょう!



会長あいさつ

 平成18年4月に深川第八中学校で高山昌之先生、園田満三先生そして私が呼びかけ人として発足した社会科学習会は今年で10年を迎えます。この間、学習指導要領の趣旨の理解、特に地理的分野の大きな変革に対応した研究や実践を積み重ねてきました。この会で学んだ皆さんが都中社研等で活躍をしていることはうれしい限りです。また、学生として参加し、やがて難関を突破し教壇に立つ会員が増えていることも頼もしく感じています。

 学校は多事多難な時期ですが、月に1度、土曜日か日曜日の午後を自分の研鑚に充てることは、授業を変え、生徒の期待に応えることに繋がります。部活動との調整を上手にして参加をしてください。

平成28年1月

社会科学習会 会長 峯岸 誠




社会科学習会への参加を希望される方は・・・

以下の連絡先までFAXまたはメールをお送りください。次回の定例会の日時および会場等をお知らせいたします。


社会科学習会会長  峯岸 誠(前 玉川大学教授)

メール  mine_m_h★d2.dion.ne.jp

FAX 03-3311-2492


※迷惑メール防止のため,★をアットマークになおして下さい。