社会科学習会

記事一覧(42)

第135回 学習会の報告とお知らせ

 第135回学習会は3月17日(土)に新宿区立牛込第一中学校で開かれました。今回は4月から始まる新学習指導要領への移行措置の扱いについて岩谷俊行先生の講義を頂きました。学習指導要領改訂にあたっては、現行学習指導要領から新学習指導要領への円滑な接続を図るために「移行措置」が設定されます。 具体的には、今使っている教科書を使って、内容の追加や削除を行い授業を行うことになります。そのためには、教師が移行措置の内容と方法を理解する必要があります。10年に一度のことですのでややもすると見落とされたり、経験の浅い教師は戸惑ったりすることが考えられます。文部科学省や教科書会社の資料を参考にして適切な対応が教師に求められます。以下に当面必要な講義概要をまとめました。1 移行期間  平成30年4月 1日~平成33年3月31日 ※4月 1日~全面実施 但し総則、総合的な学習の時間、特別活動は、新年度から新学習指導要領で実施 道徳は、平成30年度より先行実施可能、平成31年度より新学習指導要領で実施2 授業時数  平成30年は現行の授業時数、但し、平成31年度以降の地理的分野と歴史的分野の授業時数は新学習指導要領の規定による。3 取扱いの原則 社会科は、全部又は一部を新学習指導要領によることができる。現行学習指導要領による場合は、新学習指導要領に定める内容の一部を追加、又は適用するものとする。4 移行の具体的内容 平成30年度から平成32年度までの第1学年から第3学年まで 「領域の範囲や変化とその特色」(地理的分野)、「富国強兵・殖産興業政策」(歴史的分野)、「世界平和と人類の福祉の増大」(公民的分野)の取り扱いは下記による。(1)下記の「内容」は、次に示す新学習指導要領による。地理的分野 世界の様々な地域 「我が国 の国土の位置,世界各地との時差,領域の範囲や変化とその特色などを基に,日本の地域構成を大観し理解すること。」を加える。 日本の様々な地域 「地球儀や地図を活用し,我が国の国土の位置,世界各地との時差,領域の特色と変化,地域区分などを取り上げ,日本の地域構成を大観させる。」を省略する。公民的分野 世界平和と人類の福祉の増大 「領土(領海,領空を含む。),国家主権,国際連合の働きなど基本的な事項について理解する」の部分の規定に係る事項を加える。(2)下記の「内容の取扱い」は、次に示す新学習指導要領による。地理的分野 「領域の範囲や変化とその特色」 我が国の海洋国家としての特色を取り上げるとともに,竹島や北方領土が我が国の固有の領土であることなど,我が国の領域をめぐる問題も取り上げるようにすること。その際,尖閣諸島については我が国の固有の領土であり, 領土問題は存在しないことも扱うこと。歴史的分野 「富国強・殖産興業政策」 この政策の下に新しかく政府が行った,廃藩置県,学制・兵制・税制の改革, 身分制度の廃止,領土の画定などを取り扱うようにすること。その際,北方領土に触れるとともに,竹島,尖閣諸島の編入についても触れること。公民的分野 「世界平和の実現」 「領土(領海,領空を含む。),国家主権」に関する規定(「領土(領海,領空を含む。),国家主権」については関連させて取り扱い,我が国が,固有の領土である竹島や北方領土に関し残されている問題の平和的な手段による解決に向けて努力していることや,尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題は存在していないことなどを取り上げること。5 平成31年度と平成32年度の扱い地理的分野 「世界の諸地域」の指導に当たり、「世界の様々な地域の調査」を併せて指導する。歴史的分野 「世界の古代文明」、「ユーラシアの変化」「ヨーロッパ人来航の背景」、「市民革命」の指導に当たっての「内容の取扱い」については、新学習指導要領の規定による。6 学習評価 移行期間に追加して指導する部分を含め,現行中学校学習指導要領の下の評価規準等に基づき,学習評価を行うこと。

第134回学習会の報告

 第134回学習会は2月24日(土)に新宿区立牛込第一中学校で開かれました。今回は昨年の12月19日(火)に開かれた東京都金融・金銭教育協議会(ホテルJALシティー田町 東京)での発表の報告と意見交換を行いました。この協議会は、東京都金融広報委員会の指定を受けた研究校と研究グループが一年間の成果を発表するものです。社会科学習会は平成29年度に初めて指定を受けました。学習会での報告と意見交換の概要を以下に期します。1 はじめに 当日発表をされた渡邊智紀先生(お茶の水女子大学附属中学校)から以下の5校1グループの概要が報告されました。① 小学校  立川市立幸小学校    大田区立大森第五小学校② 中学校  府中市立府中第三中学校 大田区立安方中学校③ 高 校  東京都立小平西高等学校 東京金融ワークショップ小学校は発達年齢に即して小遣いの使い方、与え方など、中学校ではキャリア教育や社会科、家庭科、特別の教科道徳などと連携して、「もしひと月1万円もらえたら」として選択を体験させる学習(安方中)や財政についてのディベートや「父の借金」を教材として「信用」を取り扱った学習(府中第三中)が報告されました。小平西高校からは、先行事例としてキャリア教育として、就職者を念頭に求人票の見方を導入にして「確定拠出型年金」を取り上げ、運用を考えさせる学習が報告されました。今年の秋に公開授業があります。東京金融ワークショップ(都立高校公民科有志のグループ)からも同様のリスクとリターンを扱った事例発表がありました。2 渡邊智紀先生の発表(お茶の水女子大学附属中学校)(1) 社会科学習会の考え① 中学校社会の基本的な学習形態(π型)を前提に金融・金銭教育を扱う。従って、公民的分野だけではない。② 金融・金銭教育を人と物とお金の関係と捉え、三分野の学習内容と関連つけて扱う。③ メリット1・・金融・金銭教育の側面から学習スパイラルが作られ、深い理解や考察が達成される。メリット2・・金融や経済に関する基礎的な知識が、社会的事象の深い理解をもたらす。(2) 事例の紹介① ねらい:「中世の日本」「近世の日本」の授業を金融教育の視点から俯瞰し、関連する指導場面を指導計画に取り入れることで、歴史的事象の深い理解を図るとともに、金融・金銭についての理解を深める。② 成 果:歴史的事象(社会の発展や変化)の要因を「お金」「もの」の視点も含めて多面的に考察できるようになった。そのことで、現代の金融・経済の仕組みの理解につながったのではないか?(次年度、公民的分野の授業で確認をしたい。)③ 授業内容:「鎌倉時代の社会の発展と文化」で一遍上人絵伝「備前福岡の市」の読み取りで、中央の布を持つ女と紐を通した銭を持つ男、魚や鳥などの商品に着目させる。等3 横山将太郎先生(東京都立深川高等学校)  都立高校入試の直後で採点業務のため欠席でした。指導案をもとに質疑が行われました。「直間比率の理想は5:5」の根拠、出典は何か、「公債」と「国債」を使い分けしているが生徒の理解は得られるのか?などの疑問が呈されました。4 まとめ  少ない人数でしたが質疑応答はかなり密度の濃いものでした。前半は中学校社会についてでした。歴史的分野は小学校が人物や事跡が中心で分かりやすさがある。中学校では、政治史中心で分かりつらい部分を物とお金(経済の視点)を取り入れることにより理解が進むのではないか。経済的事象の変化や発展は分かりやすさがあると思えるなどの意見がでました。また、フェアトレードや希少金属の取引など地理的分野の取り扱いの工夫ができるのでないかなども話題になりました。 後半は高野先生(白鷗中等学校)を中心に高等学校での扱いが中心になりました。特に新学習指導要領が授業改善の視点として示した「主体的、対話的、深い学び」が話題になりました。今回の学習指導要領改訂が高校をターゲットにしたものであるとは言われても、従来型の知識への拘りや指導内容の多さ、受け身型の生徒の学習姿勢、大学入試が本当にどこまで変わるのか疑問がある等などの高校の実態が浮かび上がってきました。

第131回 学習会の報告とお知らせ

 第131回学習会は11月18日(土)に新宿区立牛込第一中学校を会場にして開かれました。内容は、全中社研・島根(松江)大会と関ブロ中社研・埼玉(川越)大会の報告でした。 都中社研は全国大会で毎年一分野が発表の機会を得ています。今年は、歴史的分野が発表の年でした。そのようになっている背景には、都中社研が全中社研の運営組織を実質的に支えていることと併せて、東京都の研究水準や情報発信力などがあります。 島根大会の研究主題は「未来を拓く社会科学習 ~深い学びを実現する思考力・判断力の育成 ~」でした。また、川越大会の主題は「追究する力を育てる社会科学習 ~主体的・協働的に学ぶ学習の充実~」でした。 今回は、渡辺智紀先生に記念講演と地理的分野を、松本賢先生に基調提案についての報告と、歴史的分野での発表報告を頂きました。また、関東ブロック大会について峯岸会長から報告がありました。以下に概要を記します。1 記念講演 「次世代に託す 平和への想い  ―画家 加納莞蕾―」と題して加納佳代子氏の講演が行われました。加納莞蕾は、戦後フィリピンの軍事法廷で裁きを受けていた日本兵の助命嘆願に精力的に取り組み、実現を果たしました。講師の加納佳代子氏は加納莞蕾氏の娘にあたり、小学校教員を退職後に加納美術館の館長に就任され、画家加納莞蕾の作品の収集・展観とともに顕彰に勤めてきました。 講演内容は勿論でしたが、島根大会の実行委員長 片山博子先生との出会いの様子に感動をしました。片山先生の勤務校にひっそりと掲げられていた加納莞蕾作の「アジサイ」が二人を結び付け今回の講演に至ったとのことです。皆さんの学校にもこのような「お宝」が眠っていませんか?2 地理的分野の授業 主題を受けて分野の研究の柱は、①「単元の構造化」と「単元を貫く問い」の設定、②思考力・判断力を育成する学習活動の工夫、③評価活動の工夫でした。「南アメリカ州」と「関東地方」の授業が公開されました。授業展開はいずれも、個人の学び ⇒ 小集団での学び合い(KJ法等の活用) ⇒ 全体での共有(ホワイトボードの活用)という流れでした。地理的分野と歴史的分野で個別知識を積み上げて概念知識を構成し、価値判断は集大成として公民的分野で行うという理論で構成されていました。3 歴史的分野の発表 都中社研の研究主題「国際社会を生き抜くこれからの生徒を育てる社会科教育のあり方」を受けて、歴史的分野は副題「思考力・判断力・表現力を育成する歴史学習の指導のあり方」を設定しました。そこで、歴史学習における思考力について次のように考えました。ア 歴史的事象を空間的に考察する力 (ア)社会的事象を様々な面から考察する力 (イ)社会的事象を様々な立場から考察する力イ 歴史的事象を時間的に考察する力 (ア)社会的事象を原因と結果との関連から考察する力 (イ)社会的事象を長期的な視野で考察する力 (ウ)社会の変化を見通し、予測する力 具体的には、「古代までの日本」と「武士の台頭と鎌倉幕府」の授業実践の分析結果が報告されました。「武士の台頭と鎌倉幕府」の授業では、摂関政治、院政、平氏政権、鎌倉幕府の成立、承久の乱の5つの時期に分けて武士の台頭を数字でとらえ、武士力メーター(円グラフ)に示させるという手だてをとりました。大変興味深い手だてしたが、円グラフに示す際の学習の状況が、写真や生徒のつぶやきなどで説明されると参会者の理解がさらに進んだものと思われました。4 公民的分野 「民主主義とは何か ~現代の民主主義を評価する~」と「国際社会における国家主権とは何か ~領土学習を通して~」の授業が公開されました。「国際社会における国家主権とは何か ~領土学習を通して~」の授業は、竹島を扱い国家主権と領土を考えさせ、イギリスのEU離脱を通して国家主権を理解させるという構成でした。最後の授業に当たる公開授業では、EU離脱に納得、納得できないの立場をそれまでの学習の中で表明させ、パネルディスカッションの後に再度、判断を行わせました。多数の賛成派と少数の反対派の判断は変わりませんでした。主権のように抽象的な事象を扱う場合は、紙幣などの具体物を例示することにより理解を深めさせることができるのではと考えました。5 関東ブロック大会 歴史的分野の2つの授業を参観しました。一つは、「中世の日本 ~武士はどのように支配を広げていったのだろうか~」、もう一つは、「近代の日本 ~明治政府はどのように近代国家を形成していったのだろう~」でした。近世の日本では、承久の乱の院宣に対する対応を在地の地頭川越氏の立場で考えるという内容でした。近代の日本では、学制公布に際しての地元の水村清の取り組みについて考えるという内容でした。 この授業を参観しながら、平成20年の名古屋大会が思い起こされました。「武家政治の始まり ~承久の乱と山田重忠~」、「明治維新 ~黒川治愿(はるよし)と新木津川用水~」の授業構成と大変類似性がありました。先行研究の成果を活用した例と考えることもできます。次回は第132回 特別な講演会です。ぜひお誘い合わせの上、ご参加下さい。 12/23(祝日・天皇誕生日)15時~ 牛込第一中主題:改訂学習指導要領について学ぶ②講師:国立教育政策研究所 教育課程調査官 藤野 敦先生演題:「学習指導要領 中学社会科と主体的・対話的で深い学び ― 変化点とお金 ―」      

10月の社会科学習会は巡検に出かけます

 昨日の学習会では,10月に行われる巡検の事前学習を行いました。巡検のテーマは「近郊農業~市川市の梨農家を中心として」です。 市川市は,江戸川をはさんで江戸川区の東岸(地図)にあります。北にある松戸市には(東京都立)八柱霊園があり,東京との結びつきも強い地域であると言えます。その最寄り駅でもある北総線 松飛台駅(参照:地理院地図)が当日の集合・出発場所となります(集合は10:00)。 さて,この地図を見ると,松飛台駅から南側に果樹園の地図記号が広がっています。このあたりが巡検地域となります(当日訪問予定の梨農園は「松本園」さんです)。事前学習では,果樹園記号の着色作業を通して,その広がりをつかみました。 さらに,地図に色別標高図を重ねてみました。果樹園の広がるあたりは,標高25m前後の台地であることが分かります。この地域は,下総台地の西端にあたります。(参考資料:玉川の汽水域 http://www.tamagawa-kisui.jp/contents.html  同ページ内の 流域の地形と海岸線の変化 中段右にある図をご参照ください。)今回の巡検では,梨農園の見学の後,北国分駅の南方にある堀之内貝塚も見学します。貝塚が見られるということで,かつては海岸線がこの近くまで迫っていたことが推測されます。(参考資料:市川市ホームページ) ところで,和梨の品種や,千葉県での和梨栽培がどのくらい盛んかはご存知でしょうか。次のページで確認しておきましょう。

夏季講演会のご案内

 下記のように公開講演会を開催いたします。授業つくりのヒントがたくさん得られると考えます。講演後、波多野先生が手掛けた日本橋の原寸復原、両国橋西詰広小路の復原模型を先生の案内で見学します。ご多用とは存じますがぜひ、ご参加ください。 なお、この講演会は東京都金融広報委員会 研究グループの活動としても実施いたします。社会科学習会 会長 峯岸  誠(元 全国中学校社会科教育研究会長)(元 玉川大学 客員教授)記1:開催日  平成29年7月27日(木)2:演 題  『江戸庶民のくらしと経済』3:講 師  波多野 純先生 (日本工業大学名誉教授) 専門は、建築の歴史、江戸をはじめとする近世の都市史、歴史的建築の保存修復復原設計。足利学校、長崎出島オランダ商館、佐賀城本丸御殿など、今は失われた歴史的な建築を復原再建し、研究成果を社会に還元しています。歴史的な町並みの復原模型の設計を数多く手掛け、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉)、江戸東京博物館など全国の博物館に展示されています。4:会 場  江戸東京博物館 学習室  墨田区横網1-4-1  5:交 通  ① JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分       ② 都営地下鉄大江戸線 両国駅 A3・A4出口 徒歩1分