社会科学習会

記事一覧(62)

第146回 社会科学習会の報告

 第146回社会科学習会は、平成31年3月16日(土)に新宿区立牛込第一中学校で開催されました。今回は「会員の実践発表」として二つの発表が行われました。一つは、昨年秋の東京都金銭金融教育発表会の報告、二つ目は木村 諭先生(江戸川区立上一色中学校)の「全国中学高校Webコンテスト~探究・協調学習の過程と成果をWebサイトに~」という実践報告でした。木村先生の実践報告はこれからの社会科教育の現実的な取組に一つの示唆を与えるものでした。以下に概要を記します。1 東京都金銭金融教育発表会及び1年間の活動報告 2017年度に続き、東京都金融広報委員会の研究グループとしての研究発表を行いました。報告のポイントは、社会事象を学習対象とする社会科の考え方の柱として三分野で「ひと・もの・おかね」を取り上げることで生徒の思考を現実的なものにすることができるという仮説のもとでの実証報告でした。 昨年度は、渡邊智紀先生(お茶の水女子大附属中)の「日本の中世」の市(商品流通)の働きを通して「ひと・もの・おかね」の観点から考察させた授業と横山将太郎先生(都立深川高校)の公民科の授業を報告しましたが、今年は授業研究として、「なぜ、カカオ農園の子どもはチョコを食べないのか?」という主題の地理的分野の事例(品川区立豊葉の杜学園 金城 和秀先生)を発表しました。また、知見を深めるための活動として、「改訂学習指導要領④ ―公民的分野を読み解く― 」と題した玉川大学教授(前教科調査官)樋口 雅夫先生の講演、生産・流通・市場・地球温暖化などの視点から千葉市川の梨栽培農家の見学を行い、学びを深めました。 次年度も、歴史的分野や地理的分野での発表をしたいと考えています。是非、会員の皆様は今から計画をしてください。2 「全国中学高校Webコンテスト ~探究・協調学習の過程と成果をWebサイトに~」 研究成果をホームページの形で報告・発表するという試みのコンクールで12月下旬に予選があり、予選通過チームは1月下旬の本選に臨むことになります。全国から中学部門に119チームが参加しました。上一色中学校は3チームがエントリーして、1チームが予選通過、本選で銀賞を得ました。(1)「全国中学高校Webコンテストとは」→ホームページおよびパンフレット参照・生徒が課題を設定・情報の収集→整理・分析・まとめと発表 Webページを作る、プレゼンテーション・部門は二つ 問題解決部門・教材部門

第145回 社会科学習会の報告

 第145回社会科学習会は、平成31年2月23日(土)に新宿区立牛込第一中学校で開催されました。今回は「会員の実践発表」として中野英水先生(板橋区立赤塚第二中学校)より「SDGsへの理解を深める教育」についてご発表いただきました。今回の授業のテーマは「私たちがつくる持続可能な世界~SDGsをナビにして~」です。SDGsへの理解を深めるための教育を今後、どのように行っていくかについて大変参考になる実践発表でした。1 はじめに SDGsとは、「持続可能な社会を実現するための目標」であり、国連から出されている17のキーワードのことである。今回、教材化することになった背景には、激しく変化する社会を生き抜いていかなければならない生徒たちにどのような教育をしていくべきかというESD的な視点を授業に組み込んでいった過程にある。ESDに関しては、新学習指導要領にも記載され、今後の社会科教育の重要なテーマになるものである。 ESDについては環境面に偏りがちだが、それだけではなく、身近なものから少しの工夫で教材化できるものであるため、今後様々な場面で実践できるものである(当日は、環境省から発信されている「ESDの重要性」という動画を視聴した。その動画では金沢の中学校の「食文化保全」の取り組みや、長野県の「里山を学ぶ」という実践事例が紹介されており、身近なものを教材化する一例が示された)。 ESDの理念と目標を達成するため、今回はユニセフ協会からSDGsを取り入れた授業の要請もあったことで、教材化するに至った。2 SDGsの教材化 現在、SDGsに関する教材が日本ユニセフ協会のポータルサイトよりダウンロードすることができる(URL:www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/kyozai/、または「ユニセフ SDGs 教材」で検索)。このポータルサイトはSDGsを教材化する上でとても有用な情報が多数掲載されている。SDGsに関する詳細な情報や授業で用いれそうな動画やワークシート、学習計画の例なども提示されており、社会科の教員としては教材化するにあたり、大変参考になるものが掲載されている。今回の研究授業でも、このポータルサイトを利用し、動画を生徒に視聴させたり、パンフレットを活用したりすることで授業を組み立てていった。3 実施した授業と生徒の様子 今回の研究授業は、第3学年の公民的分野「(4)私たちと国際社会の諸課題」の「イ よりよい社会を目指して」(新学習指導要領「D 私たちと国際社会の諸課題」「(2)よりよい社会を目指して」)において、10月に実施した。全6時間構成で実施したものの、調べ学習の時間も含め、もう少し時間が必要だったように感じる。本時では、SDGsの17の目標の中から優先的に取り組んでいきたいと思う目標を1から3まで理由を示しながら、順位を付けるという内容の授業を行った。それぞれの課題が自分たちとつながっていることや課題同士が密接に関わっていることなどに気付かせるように授業を構成した。 研究授業当日は、ユニセフ協会のヘンリエッタ・フォア事務局長がちょうど来日していたこともあり、研究授業を見に来られた。授業の最初の時間には、事務局長自らSDGsについて考え行動する重要性を生徒らに語る場面があった(当日の様子については「SDGs教材で授業 ユニセフ事務局長も参加」教育新聞2018年10月11日の記事(下)に掲載されている)。生徒らは事務局長の言葉を熱心に聞いていた。

次回は、前教科調査官の樋口先生のご講演

第144回社会科学習会は特別な講師をお招きしての会となります。職場等のお仲間をお誘いあわせの上ご参加下さい。初めての方もせっかくの機会ですので,ぜひ足をお運びください。なお,高等学校の公共についてもお話を伺う予定です。高等学校の先生も是非ご参加いただきたいと思います。参加費や事前の予約は不要です。日時:1月20日(日) 15時~場所:新宿区立牛込第一中学校 会議室講師: 玉川大学教授 樋口雅夫先生(前文部科学省 教科調査官)演題:改訂学習指導要領の学習⑥ ―高等学校地歴科・公民科―概要:樋口雅夫先生から高等学校の地理歴史科・公民科についてお話を伺います。高等学校の新科目(地理総合、歴史総合、公共)と中学校社会科との接続を理解する機会としたいと考えます。<今後の予定>第145回  2/23(土)15時~ 牛込第一中会員の実践発表 ②国連の持続可能な開発目標(SDGs)への理解を深める教育の実践報告発表者:板橋区立赤塚第二中学校 中野英水先生第146回 3/16(土)15時~ 牛込第一中会員の実践発表 ③金銭金融教育や新学習指導要領の趣旨を生かした授業など※この1年間で実践した指導案などを持ち寄り,互いに勉強したいと思います。